ダッチウエストジャパン製品

堀企業グループTOP > ダッチウエストジャパン製品

注目のトピックス

ダッチウエストジャパンのハース製品の御紹介

幼少の頃、海外を舞台にしたアニメでよく見かけた暖炉。ロッキングチェアにゆられてうたたねするおじいさんの近くには、 赤々と燃える暖炉があって・・・そんな風景に、長年憧れを抱いてきた方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな皆さんに朗報です!カナダやアメリカの歴史のある暖炉文化を日本に紹介してきた『ダッチウエストジャパン社』のハース製品をご紹介します。

※ハース製品:ハースとは『暖炉、炉辺』の意で、暖炉や巻きストーブなどの総称です。

時代は『ファースト』から『スロー』へ

環境問題、教育問題、食問題など、多角的に見ても、昔ながらの生活の良さを見直し、地球にも人にも優しい生活を取り戻そうという『スローライフ』の考え方が、 広く紹介されるようになしました。ファーストフードの代表される効率至上主義的な考え方は足踏み傾向にあります。

ダッチウエストジャパン社のハース製品はまさに、このスローライフの考え方に沿った商品なのです。

エコ燃料『薪』

暖炉や薪ストーブでは、薪を燃料に用いています。

薪を燃やすという行為は古くからありましたが、最新の暖炉や薪ストーブは最新技術が搭載され、クリーンな状態で無駄なく燃焼されています。

[触媒方式(キャタリティック燃焼)の場合]
触媒方法の場合 ※図をクリックすると別ウィンドウで拡大されます。

薪をつくることは、自然破壊ではありません。

老木を薪に

若木は光合成によって二酸化炭素を吸収し酸素を放出しますが、老木は酸素と二酸化炭素の収支が崩れ、二酸化炭素を多く排出することがあると言われています。森林の適切な育成のために、このような老木を切り倒して間引きし、その過程によって得られたものが薪となっています。


もうひとつの楽しみ方、『食』への応用

食のイメージ

反射式ストーブを使った経験がある方は想像がつきやすいかと思いますが、薪ストーブは煮込み料理が得意です。

ビーフシチューやポトフー、県南でも親しまれてきた桜鍋など、煮込んでおいしくなる料理をストーブの上で温めてみてください。直火ではなく熱伝導で長時間加熱すると、焦げ付きもなく、肉が柔らかくなり、本格的な味が楽しめます。


[油脂燃料の価格上昇に備えて]

ニュースで騒がれている通り、物価は上昇傾向。特に、ガソリンや灯油の価格上昇は家計に大きなダメージを与えています。

1970年代のオイルショックの時のこと。当時アメリカでは、安い石油をふんだんに使って集中暖房していました。石油価格の急騰は家計にダメージを与え、人々は暖房を切りつめ、寒々とした暮らしを余儀なくされたのです…。

ダッチウエストジャパンとは

世界最大のハースメーカーCFM社製品の日本輸入元です。

ダッチウエストジャパン社は、世界最大のハースメーカーCFM社(Canadian fireplaces manufacture社)が開発・販売する薪ストーブブランド『マジェスティック』、『ダッチウエスト』、『バーモントキャスティング』を正規輸入し、取り扱っています。

取扱製品

薪暖炉 薪ストーブ 電気暖炉 電気ストーブ
薪暖炉 薪ストーブ 電気暖炉 電気ストーブ

日本仕様

日本仕様

ダッチウエストジャパン社の商品は正規輸入品なので、輸入後に適切な検品や整備が行われ、説明書などの書類も日本仕様に作られます。


メンテナンスもお任せ下さい

設置時や設置後に商品の不具合が生じたら、ぜひ購入した代理店へご相談ください。また、地元に相談できる場所があるということは安心につながります。

[正規輸入と並行輸入]

正規の手続きを得ずに販売される輸入品を並行輸入品といわれています。正規でないため、『説明書や保証書が現地語のままでわかりにくい』『破損時に対処してくれない』『部品が劣化しても交換できない』など数々のトラブルが生じています。

ダッチウエストジャパン社の商品は正規輸入品ですので、購入時・購入後のトラブルに対応できます。

お問い合わせイメージ ダッチウエストジャパン取扱い店・青森県三沢市堀建材センター

長い間、暖房器具の燃料として主流だった石油。環境破壊を進ませる元凶であるうえ、価格もどんどん上昇…近年のエコ志向や物価上昇などの時代背景を見ても、まさに今が『暖炉・薪ストーブ』への移行時期といえるでしょう。

 

思い立ったが吉日。今年こそ、エコ的生活、憧れの暖炉生活を始めてみませんか?ダッチウエストジャパン社製品は、堀建材センターにてお買い求めになれます。気になること、疑問なことなど、お気軽に堀建材センター営業マンまでお問い合わせください。